バイナリーオプション取引の注意点

外為どっとコムのバイナリーオプション取引の注意点

外為投資を行う際には、「FX」「バイナリーオプション」などさまざまな種類があり、その中から任意の手法を選択することになります。

分かりやすく初心者でも取引がしやすいという意味でバイオプは非常におすすめですが、FXとの違いや効率よく利益を出すトレード手法などを把握しておかないといけません。

為替投資を行ううえで重要なことは、「相場を予測する力」です。その時々のニュース(国内、世界)、雇用統計などを根拠に「トレンド」を見抜き、適切な変動を予測することが求められます。FXならば変動が期待通りになるまで待ち続けることもできますが、バイオプの場合は決済時間が制限されてしまうのでそれができません。

適切な変動予測ができなかった場合には、途中で「損切り」「利益確保」の判断を行わないと大きな損失を被るリスクが大きくなってしまいます。
また、FXとは違ってバイオプの場合は証拠金取引ではないため、口座に多くのお金をプールしておく必要はなく、同時に追加証拠金を求められることもありません。

その段階で口座にあるお金をすべて取引に充てることもできるので、一気に大きな利益を出すことも可能です。

外為どっとコムと他の業者のバイナリーオプションを比較

「外為ドットコム」とその他のバイオプ業者を比較するポイントは、「どのような手法で取引が行えるのか」です。

バイオプの取引にはいくつかの種類がありますが、そのうち国内では「ラダー」「レンジ」の二つのみというのが主流です。そのほかに「ワンタッチ」という取引方法もあるのですが、これに対応しているバイオプ業者は国内ではほとんどありません。

相場変動のトレンドが顕著に現れている時には予想が的中しやすくなりますが、変動が激しい相場の場合は的中させることが難しくなります。
その際、「以上」「範囲」の2通りだけでは予測が難しいことがあるのですが、その時に「瞬間」の予測で配当を得ることができる「ワンタッチ」は非常に重宝します。

また、バイオプ業者によって掛け金の設定が違います。セットするポジションが相場に対して遠くなればなるほど、可能性が低くなればなるほど購入価格が安くなり、逆の場合には購入価格が高くなるような仕組みのバイオプ業者もあれば、いかなる状況でも一律の価格で購入するバイオプ業者もあります。

ペイアウト倍率で見た場合は、平均的に前者の方が高くなりやすいものの、手法によっては後者の方が平均値が高くなることもあります。