外為どっとコムの取引で損益が出たら確定申告すべき?

外為どっとコムでFX取引するときのポイント

外為どっとコムの取引で損益が出たときの確定申告は、控除される基準額を超えている場合には必ず行うべきです。
マイナンバーで管理されているので、申告逃れしても税務署に気付かれてしまい、より重い税金を課せられます。

一般的な年間の給与収入が2000万円以下の会社員であれば、年間の利益が20万円まで、収入のない学生や専業主婦であれば38万円までは申告が不要です。
同じ所得区分であれば損益通算もできるので、他の投資で損失が出ている場合には、合計してこの範囲に収まるのであれば不要にできます。

損失が出た場合、その金額で申告するべきか判断すると良いでしょう。
3年間の繰越控除が可能ですが、利用するために損失を管理しておかなければならず、確定申告が必要になります。

しかし、手続きには手間がかかるものなので、例えば損失が1万円程度であれば節税効果も僅かしかないので、あまり行う意味はありません。

なお、控除の範囲内であれば確定申告しなくても良いのは税務署が手続きを簡略化するためのものなので、医療費の控除など、他に手続きが必要なものがあるときには損益に関係なく申告が必要になるので注意しましょう。

資金を失う前に理解しておきたいFXのデメリット

FXは必ず利益が出るわけではなく、大きな損失が出るリスクがデメリットです。
会社員の場合、相場の変動が気になってしまい、仕事に支障が出てしまうケースもあります。これを避けるには資金計画を立てて運用することが重要です。

安全に取引を行うには、余剰資金を使って無理のない投資をするのが良いでしょう。
もし失敗しても、それが生活に与える影響が僅かであれば、あまり意識しなくて済むようになります。
生活費を削って無理な投資を行ってしまうと、失敗すると死活問題になるので目を離せなくなり、大きなストレスになって日常生活に影響が出ます。

余剰資金を使っていても意識してしまうのであれば、投資方法を変えてみることも検討した方が良いです。
デイトレードのような短期取引では日々の相場の変動を見なければなりませんが、利息を目的にして運用するのであれば、短期間で大きな利益は出せませんが、相場の変更は気にせずに運用できます。

ただし、このときにどの通貨を使用するか、どこまでレバレッジをかけるかの判断は必要です。
高金利でも利息を超える相場の下落が起きたり、利益を大きくしようとしてレバレッジを高くしたことで短期的な暴落でロスカットされることがあります。
下落傾向にある通貨には安易に手を出さず、レバレッジも暴落時のロスカットの危険性の少ない倍率に留めましょう。